有名人の指輪

一般人からするととんでもない値段の指輪で話題と羨望の眼差しを集める芸能人ですが、
どんな指輪を買っているのか調べてみました。


・藤原紀香の指輪

お笑いタレントの陣内智則が藤原紀香に贈った婚約指輪は、約2000万円なんですって。

婚約指輪は、給料の三か月分ってよくいわれますが、陣内はかなり無理した
って感じでしょうね。

指輪は、人気の高級ブランド「ルビーダ」のもので、5カラットのダイヤを5角形に
敷き詰めた逸品なんだそうな。

結納までの時間がなく職人さん達が何日か徹夜して制作したという物語がある指輪です。

社長自ら指輪を届けにいったとかで、かなりの気合いの入れようですね。


これが、発表されたあとは、ルビーダの指輪の検索数が半端じゃなく上昇した
とのこと。

同じランクの指輪を注文する人は少ないでしょうが、どんな指輪か気になり
ますよね。


・浜崎あゆみの指輪

浜崎あゆみさんニューヨークのティファニーに現れて、400万円もする婚約指輪
「レガシー」と125万円の結婚指輪をティム・マックガー氏と一緒に買ったという
記事が雑誌に載ってましたね。


・錦戸亮の指輪

NEWSの錦戸亮がしていることで有名になったのが、セインツのSSR-16
時空ジルコニアリングという指輪です。


・山下智久の指輪

これは、本人の作詞作曲による「指輪」という歌です、、、

| 指輪

ジェムケリーの指輪

ジェムケリーの商品が話題になっているんで、サイトを見てみました。

ジェムケリーの関連ブランドの商品リンクが貼られていて、同時にストリーミングで
動画を見られる仕組みになっています。

イメージキャラクターに倖田來未を起用してCMとメイキングビデオが公開され
話題になっています。

ジェマートでは、倖田來未がCMでつけたエヴォリューションケリーのアクセサリー
シリーズの先行販売が即日完売で、大ヒット商品に。

以前はジェムケリーといえばかなり高級なイメージがあったのですが、路線変更を
したのか、1万円台の物が多くなっています。

それが、消費者に受けたんでしょうか。


新CMで倖田來未がしている指輪は、クロスピンキーリングという指輪で値段は
12600円なんですが、売り切れが続いています。

米倉涼子の時もかなり人気がありましたが、倖田來未はそれ以上ですね。


2ちゃんねるをみているとジェムケリーの営業スタイルはどうかと思う点も
ありますが、自分が好きな指輪を買う分には問題ないと思います。

指輪やエステって他の商品と比べるとクロージングがかなりきついので悪徳な
業者に出会ってしまうと悪いイメージを持ちやすいみたいです。

| 指輪

ブランドの指輪

結婚・婚約指輪だけではなく、クリスマスや誕生日のプレゼントとして指輪を
買う人は多いのではないでしょうか。


ブランド大好きな日本人は、指輪もブランド好きが多いようです。

ブランドの指輪と言えば、どのブランドを思い浮かべるでしょうか。


代表的な人気ブランドは、カルティエ・ティファニー・ジェムケリー・グッチ・
ブルガリ・エルメス・ハリーウィンストン・シャネル・4 ℃・バーバリーなどで
常に人気ランキング上位に入っています。

ディオール・アナスイ・フォリフォリもコアなファンが多いです。

今や芸能人としてよりも、ジュエリーデザイナーとして有名になった羽賀研二さんの
指輪も人気のようです。

個人的はたいしたデザインの指輪や宝石だとは思いませんが、売り方がうまい
のでしょうか。


余程、雑誌やテレビなどのメディアに露出していない限りごく普通の人が
一見しただけでどこのブランドの指輪かを判断するのは難しいですね。


そのブランドのアイテムであれば、何でも好きという人もいますが、わたしは
特定のブランドにこだわりはなく、気に入ったデザインでそれがたまたま有名な
ブランドだったってことがほとんどです。

指輪にしてもしかり。
| 指輪

結婚指輪

結婚指輪は既婚者がほとんど毎日身に着ける、日常的な装飾品ですね。
たまに結婚指輪を外したりする人もいるようですが、、、

それでは、結婚指輪のトレンドを見ていきましょう。


・結婚指輪を購入するカップルは97%以上

結婚式の指輪の交換の儀式に象徴されるように、 結婚指輪はふたりの愛を一緒に
築くための証のようなものですね。

そんな結婚指輪を購入するカップルは毎年97%を超えており、2006年は97.8%と
高いものになっています。

結婚指輪の決定権は妻と夫のどちらにあるかという質問では、2人でが84%と
突出して高くなっています。

それ以外では、妻が11.9%、夫が4.1%で、やはり女性に決定権があるカップルが
多いですね。


・自由度が増した結婚指輪

結婚指輪の購入者に、結婚指輪の種類をたずねると、既製品が62%と多く、
セミオーダー品24.3%、オーダー品11.8%と続きます。

結婚指輪の市場もデザインの自由度が増してきています。

最近では、デザインが優れていて、オリジナリティの高い既製品が増えています。


結婚指輪と婚約指輪の両方を購入した人は、半数近くが同じ店で購入したそうです。


・結婚指輪のその後

年代別で見ると、結婚後も結婚指輪をつけている人が多いのは結婚年数の浅い
20代で、男性は過半数の57.1%、女性は78.3%という数字でした。

年代が上がるにつれて、結婚指輪をつけていない人が多くなって、40代の男性
では65.2%、50代以上では86.5%が結婚指輪をつけていないということです。
| 指輪

婚約指輪

結婚を考えているカップルにとっては、婚約指輪の現状というのは気になるところ
ではないでしょうか。

2006年の婚約指輪のデータをまとめた情報が、ゼクシィの首都圏版に載っていました。

婚約指輪が伝える物語から男女の意識の変化など、みなさんの指輪選びの参考に
なればうれしいです。


・9割の人が婚約記念品として婚約指輪を選んでいる

一般的に、婚約記念品と称されるぐらいですから婚約指輪をこれだけ多くの人が
選ぶのも納得です。

通常は婚約指輪ですが、時計やネックレスなど別の宝飾品に代用されることも
あります。



・ダイヤモンドとプラチナの組み合わせを9割以上の人が選ぶ

指輪の宝石として選ぶのは、ダイヤモンドが92.9%とダントツで多く、
パール0.6%、その他3.5%。

素材は、プラチナが92.4%、ゴールド4.8%、コンビ0.9%となっています。
前年と比較すると、ダイヤモンド、プラチナが共に増加しています。

やっぱりダイヤモンドとプラチナの組み合わせが婚約指輪の王道と言えるでしょう。

日本ではダイヤモンドとプラチナの組み合わせが一般的なのですが、最近では
魔よけの意味がある誕生石を婚約指輪に選ぶ人も増えているそうです。

「婚約指輪は値段じゃないよ」と思いながらもやっぱりもらうなら高い方が
うれしいですよね。
| 指輪